スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イングランドとの親善試合で

チャンピオンズリーグでインテルと引き分けた次の試合、プレミアリーグはスタメン出場。バーミンガムとの第6節では今季2ゴール目をゲット。

107_01.jpg

セルティックとのチャンピオンズリーグ第2節もスタメンで出場。この試合でも僕はゴールを決め、今季チャンピンズリーグ初得点を挙げた。

107_02.jpg

107_03.jpg

試合は2-0で勝利し、インテルに続きグループ2位をキープ。チームメイトとの連携も徐々に合ってきた。この4年間の海外生活のおかげで英語は完璧。コミュニケーションにも問題はなし。ファーガソン監督の評価も徐々に上がってきた。

そしてチャンピオンズリーグのあと、僕は日本代表に合流し、イングランド代表との国際親善試合に挑んだ。

107_04s.jpg


僕はこの試合、4年後のW杯を目指す新生日本代表のエースとして、10番を手渡され試合に臨んだ!親善試合とはいえ、僕が10番をつけるなんて思ってもなかったので、4年後に向けてさらにモチベーションが上がった。

しかもこの試合は、チームでコンビを組むルー二ーも先発出場。いつものチームメイトと今日は敵として対戦した。なんか変な感じだ。しかもイングランドはブラジルW杯チャンピオン。この試合はいろんな意味で注目が集まっていた。

107_05.jpg

しかしこの試合、日本の新10番が躍動する!

107_06.jpg

いつもの左FWで出場した僕は、ブラジルW杯での好調そのままに、怒涛の2ゴールと躍動!!

107_07.jpg

107_08.jpg

DFもふんばり、ルーニー、ウォルコットにも仕事をさせず、2-0でW杯チャンピオンを破った!

試合終了後、ルーニーがやってきて、
「ったく、敵に回すと厄介なヤローだなあ…。」と僕に笑いながら話しかけてきた。ユナイテッドの象徴も、どうやら僕のことを認めてくれたみたいだ。今度はクラブで、彼と一緒にプレミア制覇、そしてチャンピオンズリーグもがんばっていきたい。
スポンサーサイト



2冠達成し、いざ!アジアカップへ!

ユナイテッドで2冠を達成した僕は、ビックイヤー獲得の余韻もつかの間、アジアカップの為、開催地オーストラリアで合宿中の日本代表に合流した。

先日、アジアカップに臨むメンバーの発表があった。

GK
1 川島 永嗣 (32) レヴァークーゼン(ドイツ)
12 西川 周作 (29) レンジャーズFC(スコットランド)
13 権田 修一 (26) パナシナイコス(ギリシャ)

DF
2 栗原 勇蔵 (32) アーセナル(イングランド)
3 田中マルクス闘莉王 (34) スポルティングヒホン(スペイン)
4 槙野 智章 (20) リヨン(フランス)
5 長友 佑都 (29) チェゼーナ(イタリア)
6 駒野 友一 (34) PSVアイントフォーフェン(オランダ)
7 内田 篤人 (27) シャルケ04(ドイツ)
14 今野 泰幸 (32) ACミラン(イタリア)
23 吉田 麻也 (27) VVVフェンロ(オランダ)

MF
8 長谷部 誠 (31) VfLヴォルフスブルク(ドイツ)
9 本田 圭佑 (29) レバンテ(スペイン)
10 金崎 夢生 (20) ユベントス(イタリア)
15 松井 大輔 (20) リヴァプール(イングランド)
19 香川 真司 (26) VfLヴォルフスブルク(ドイツ)
22 遠藤 保仁 (35) CSKAモスクワ(ロシア)

FW
11 僕     (22) マンチェスターユナイテッド(イングランド)
16 大久保嘉人 (20) SLベンフィカ(ポルトガル)
17 興梠 慎三 (20) FCザンクトパウリ(ドイツ)
18 矢野 貴章 (20) FCディナモキエフ(ウクライナ)
20 岡崎 慎司 (20) RSCアンデルレヒト(ベルギー)
21 森本 貴幸 (27) ASナンシー(フランス)

ついに日本代表も、全ての選手が海外で活躍中する時代になった。中でも特筆すべきは僕の2つ下、ハタチの黄金世代の選手たち。なんか巷では転生なんて言われてるみたいだけど、何のことか分かりません♪
今回のメンバーは若手とベテランが融合した編成になった。

10番を背負うのは、その黄金世代の中心、弱冠20歳でユベントスがその才能に惚れ獲得した金崎くん。ぼくは結局いつもの11番におさまった。なーんだ。
でも今回間違いなく僕は代表の中心選手だ。
チャンピオンズリーグ優勝の勢いそのまま、アジアカップでも絶対に優勝してみせる。


アジアカップ、日本代表連覇へ発進!

アジアカップ、グループステージ第1節はUAEとの対戦となった。

160_01.jpg

僕は3トップの右で先発出場となった。
今回の代表メンバーは初めての公式戦を迎える若い選手たちも多く、ヤットさんやハセさんといったベテラン勢との連携もまだまだ。
苦しい立ち上がりになることも予想していたが、

160_03.jpg

160_02.jpg

160_04.jpg

なんと一蹴!!
日本の攻撃が爆発し、初戦5-0の圧勝を飾る。僕も2ゴール2アシスト。

そして第2節のニュージーランド戦でも4-0と圧倒的勝利。

160_05.jpg

この試合も僕はエースとして、そしてチャンピオンズリーグを制したメンバーとしての力をまざまざと見せつけ、2ゴール。楽勝で早々にグループステージ突破を果たした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。