スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も大荒れの補強会議

新シーズンを目前に控え、移籍市場も動きが活発化してきた6月のある日、例年通りブリストルユナイテッドの首脳陣の間でも、補強の会議が持たれた。

昨シーズンの補強会議は、改革を目指した僕のせいで大荒れだったが、その結果、2シーズンでプレミア昇格を成し遂げることができた。
3年目となる新シーズン、スカウトのトミルグラードは当然補強ポイントとして話し合われるであろう、FW陣の新戦力についてすでに調査済みだった。

来季のスポンサーの話や選手の契約の話がひと通り終わると、彼はドヤ顔で僕に選手のリストを見せてきた。

scaut_1.jpg「今回の補強のポイントであるFW陣の選手について、私なりに調査した結果、この2選手は獲得できる可能性が高いです。」


275_01.jpg

scaut_1.jpg「一人目はカルー・ウチェ。ナイジェリア代表の選手です。30手前で即戦力となる、知名度も非常に高い選手です。エムボカニ、コールと共に、攻撃陣を引っ張ってくれる存在になるでしょう。」

tamuuuuud.jpg「…。」


275_02.jpg

scaut_1.jpg「もう一人はアルテム・クラヴェツ。ディナモキエフに所属する22歳です。彼は各世代の代表に選出され、2年前からはフル代表にも選出されています。ウクライナ代表のエースに育つ可能性を秘めた将来性豊かな選手です。」

tamuuuuud.jpg(…、選手は悪くない。悪くないが、何だろう、このモヤモヤ感。)

scaut_1.jpg「いかがです?監督。なんならまた2人とも獲っちゃいましょうか?ハハハ!」

なんだこいつは…、これで自分の仕事は終わったと思ってるんだろうか…。まず何よりなんだこのドヤ顔は…。確かに選手は悪くない。ただどうしてもこのやってやったぞって顔してる、目の前のスカウトが気に食わない…。

tamuuuuud.jpg「分かりました。他のポジションの選手はどうですか?」

scaut_1.jpg「…、は?」

tamuuuuud.jpg「いや、だから他の選手…。リストを早く出してください。」

scaut_1.jpg「…、いや、ちょっと…、あ、ありません…。((((;゚Д゚)))))))」

tamuuuuud.jpg「…、え?」

scaut_1.jpg「い、いや、確か今回の補強はFWだとジェルピンスキさんからも聞いてましたし…。ち、中盤や最終ラインも昨年の補強が結果に結びついてますから、今回補強の必要はないものかと…。((((;゚Д゚)))))))」

tamuuuuud.jpg「ぐっ…、ばっ…」

239_03.jpg「ばかもーーーん!」

僕が大声をあげる前に、部屋に響いたのは会長の怒号だった。

239_03.jpg「ばかたれが!FWの選手しかピックアップしてないとはどういうことだ!今の戦力がプレミアで通用すると思ってるのか!今シーズンは全ての対戦相手が格上だぞ!いつまでも昇格に浮かれてないで、もう一度全てのポジションの選手を洗いなおしてこーい!!」

scaut_1.jpg「ひっ、ひーぃ!すいませんー!!」

…。

選手の補強の前に、スタッフの補強の方が先かもしれない…。
僕は本気でそう思った…。
スポンサーサイト



進む補強の一方で…

240_01.jpg「監督、今日はベナルアーヌとブラッドリーの入団会見があります。
よろしくお願いします。」

7月に入り、シーズン開幕に向けての準備も本格化してきた。
会長がスカウトを怒鳴りつけてから2週間、半泣き状態で彼が探してきた、FW以外の獲得候補者のリストの中から、僕はDFとMFを一人づつ補強した。

276_01.jpg

276_02.jpg

ヨアン・ベナルアーヌとマイケル・ブラッドリー。どちらも、セリエAから獲得した、まだ経験不足で若い選手の穴を埋めるための即戦力となる選手だ。

240_01.jpg「それからGKのショーバーも問題なく入団できる予定です。」

276_03.jpg

さらには未所属リストから16歳のマティアス・ショーバー(転生)も獲得。プレミアの厳しいスタイルにやられないように強化を計った。

240_01.jpg「しかし、この間の会長は怖かったですね…。私もトミルグラードにFWの獲得を優先させたのは早計でした…。」

しかし、リストの選手は悪くなかった。あとは彼が交渉中のウチェとクラヴェツの獲得が決まれば、プレミア挑戦の画は描けると感じていた。

240_01.jpg「彼も、やる気を見せてますし、自分がいち早く探してきた選手ですから、獲得を信じて待ちましょう!」

すると、その彼がドタバタと監督室にやってきた。

scaut_1.jpg「ジ、ジェルピンスキさん!!」

240_01.jpg「トミルグラード!どうだった!?」

scaut_1.jpg「ヒソヒソヒソ…。」

240_01.jpg「なっ!かっ、監督…!」

276_04.jpg

scaut_1.jpg「えっ…!?」

scaut_1.jpg「す、すいません…。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

こっ、こいつ、ぜってークビ…。


新シーズンのユニフォームが発表、さらに開幕戦の相手が決定

シーズンの開幕前の、プレシーズンマッチ。
ゼニトを迎えた1戦でブリストルの選手たちは昨シーズンの好調をそのままキープし3-0で快勝した。

277_02.jpg

特にエースのカールトン・コールはハットトリックの大活躍!
新シーズンに向けて気合がみなぎっている。

それもそのはず。クラブは先日、アルテム・クラヴェツとの契約を発表!
ようやく待望の新FWを獲得することができた。
ウチェを獲得できなかったのは残念だったが、それでも将来性のある若手を獲得できたのは良かった。
会見の日、この何週間かでげっそりと痩せたトミルグラードはようやくホッとした表情を浮かべていた。

熾烈なポジション争いを控えて、コールは強烈なアピールを見せた格好だ。



また、クラブは新シーズンのユニフォームを発表。

277_01.jpg

胸には今季からクラブのメインスポンサーとなるメディトランツァ・ブルマンのロゴが入った。
(モデルは新規加入のブラッドリー)


そしてついにプレミア挑戦となる新シーズンの開幕戦を迎えた。

本拠地ブリストルスタジアムで迎え討つ開幕戦の相手は…。

277_03.jpg

いきなりのユナイテッドだった…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。