スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シャルケ、レヴァークーゼンも撃破!

054_01.jpg

20節で4位のシャルケ、21節で5位のレヴァークーゼンと2試合続けて上位対決となった僕たちは、この2試合ともなんとか勝利をおさめ、上位2チームにプレッシャーをかけた。

僕はシャルケ戦でミドルシュートを1本決めた。ようやく後半戦初ゴールとなった。レヴァークーゼン戦ではアシストも1つ記録した。

054_02.jpg

054_03.jpg

この間のシンジさんのアドバイスが効いたのかどうかは分からないけれど、そこからチームも僕も調子が上がってきた。つづく2試合で僕は4アシストを記録。チームも5連勝。この時点でブレーメンを抜いて2位に浮上した。

054_041s.jpg


首位バイエルンとの勝ち点差は変わらず4。この先チャンスはまだまだある。直接対決も残ってる。ひっくり返せない差じゃない。
スポンサーサイト



香川真司という男

W杯予選から戻ってきてからどうも調子が悪い。いや悪くはないんだけど、なんか頭の中で思い描くイメージ通りのプレーが出来ない。

この前のブレーメン戦でも、完全に決まったと思って、ガッツポーズしかけたシュートがポストに弾かれた…。それも2度も。

この日僕はシンジさんに僕のプレーについて思い切って相談してみた。

するとシンジさんは、ドルトムント時代のビデオを僕に見せてくれた。



はぁ~、うまいなぁ~。
ドリブル、シュート、ポジショニングどれもすばらしい。


僕はシンジさんにこのときのプレーや今の僕のプレーについて聞いてみた。すると

「ボールの受け方がよくないんじゃないか?
もっといい位置で味方からのパスをもらうようにしないと。」


確かに僕は、フリーになるとすぐボールを要求してしまって次のプレーにつながらないことがよくある。

「あと、ドリブルで仕掛けるなら
もっと敵につぶされないようにうまくかわさないとだめだよ。」

そうか。僕のドリブルは多少せまくても強引に仕掛けて敵にブロックされてつぶされることばかりだ。もっとシンジさんみたいにスルスルっとかわすドリブルの動きが必要なのかもしれない。

よし今度の試合からはその辺にもっと気をつけよう。


シンジさん、どうもありが…。


「それから味方がボールを奪ったときのあとの動きも重要だよ。」

そっ、そうか、たしかに奪ってから動きだすんじゃ遅いのかもしれない。先を読んで動き始めないと…。




「それから………




シンジさんのサッカー講義はこのあと2時間続いた…。



ブンデスリーガが再開、しかし…

052_01.jpg

ブンデスリーガの再開初戦でいきなり、ヴォルフスブルクは、2位のブレーメンと戦うことになった。

dfbポカールでは延長戦でなんとか勝ったが、この試合は1-1の痛恨のドロー。勝っていれば2位浮上だった。


僕は絶好のチャンスを2度も外した…。

これからは優勝に向けて1戦1戦、去年のようなギリギリの闘いが続いていく。決められる時に決めないといけないのに…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。