スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

管理人のつぶやき ~その4~

みなさんどうもこんばんわ。管理人のtamuuuuudです。
ビカムアレジェンドプレイ日記、長い長い4年目がようやく終わりました。
お楽しみいただけましたでしょうか?

最近非常にアクセス数が伸びており、コメントも毎回の更新のたびにたくさんいただきまして、みなさま本当にありがとうございます。
昨年の11月半ばからブログをスタートし、1月中旬に5万Hitを突破、そして2/14にはめでたく10万Hitを突破いたしました!このままいくと2月の1ヶ月間だけで、10万Hitを突破する勢いです。汗)本当に重ね重ねお礼申し上げます。


そんなみなさまのご期待に添えるストーリーが展開できたかどうかは分かりませんが、4年目念願のリーグ優勝!そしてカップ戦の2冠を達成しました!!

88_04.jpg

どうもありがとうございます。いや~、ついにやりました!
ブンデスリーガは最終節までもつれ込む大接戦で、正直バイエルンが負けるとは考えにくかったので、祈るような気持ちで最終節をプレイしてました。2得点できたことは良かったのですが、それよりも他会場の試合が気になって気になってw。そして奇跡の逆転優勝!最後まであきらめなくて本当に良かったです。


4年目はプレーヤーもだいぶ成長してきたので、ドリブル、パス、シュート、全ての面でいままでよりも高いパフォーマンスでプレイできたなぁという印象です。
移籍して2年目だったので、シーズン開始当初からチームメイトとの連携も高かったことも良かったかと。でも、一番はなかなかDFに倒されなくなったのがプレーしやすくなった要因だと思います。シーズン中も、まるでブルドーザーのように相手DFに引っ張られながらも、倒されずに決めたゴールが何本もありました。まじビエリかっつーの…、そんなタイプじゃないんだけどなぁ…。なんて思いながらw。

4年目は初出場のチャンピオンズリーグとW杯があり、スタート時点から、今年は長くなりそうだなぁなんて思っていましたが、ほんとに長かったですね…。もうキャプテンマークにドキドキしていたころなんて、遠い昔のように感じます…。でもその分、濃密で面白い、自分でも満足な記事が何本か書けました。最初から読み返してみると、ブログも主人公と同じように時間が経つに連れて成長してるんだなぁ…としみじみしてしまいましたw。


ワールドカップも毎試合ドキドキした試合の連続でした。リーグ戦とは全く違う緊張感で、まさに4年に1度の特別な大会っていう感じでしたね~。まぁ正直決勝トーナメントの組み合わせは恵まれましたけどね。(主人公は否定してましたがw。)結果は目標にしてたベスト4も達成し、代表戦恒例のハイライト動画もうまく編集できて、大満足の大会でした。


リアルにザッケローニ監督はブラジルW杯優勝狙うなんて報道もありましたが、もし今回みたいな組み合わせなら、ひょっとするとひょっとするかもしれませんね。
そんなわけで毎回恒例になりました(笑)管理人の気になるリアルサッカー情報の方ですが4年目プレイしてる間に大きなニュースが2つありましたね。


まず一つは
日本代表アジアカップ優勝!おめでとう!!

100_01.jpg

本当によくやったと思います。正直運に助けられた部分もたくさんありましたが、それでも優勝という結果が残せたことはこの若いチームにとって大きな自信になると思います。10番をつけてのぞんだ我らがシンジさんは本当に残念でしたが、李選手のスーパーボレーは本当に見事でしたね。
おめでとうございます!


そしてもう一つは
長友アジア人初インテル移籍!

100_02.jpg

スナイデルと交代しとるぞ 汗)
アジアカップで結果を出しての移籍ですからね。ついに日本人がインテルのユニフォームを着る時代が来たか!とテレビの前で大興奮しました。それこそこんなシーン、ビカムでしか再現できなかったことが現実に起きてるっていうw。さすがにまだ満足な出場機会に恵まれていないですが、スクデッド目指してがんばってほしいですね。


あとは、宮市亮のフェイエ衝撃デビューや、ガナーズがCLでバルサを倒したりなんてのもありましたね。
宮市君は主人公と同世代なので(主人公がひとつ下?)、ぜひともがんばってほしいですw。よく考えたらその世代には宇佐美なんかもいますね。長友の件もありますし、近い将来主人公みたいな日本人プレイヤーが現れるのもあながち否定できない??かもしれませんねw。いやほんとに。

100_03.jpg
よく考えるとこの3人、けっこうプレースタイルがかぶってるような?気もしなくもないですが…。


さてさて長くなってきたのでそろそろまとめを。
実は今回のこの更新で、ビカムアレジェンドプレイ日記はめでたく
100話目を迎えました!!
 ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ 

ここまでこれたのもいつも見てくださっている皆様のおかげです。このブログに足を運んでいただいたすべての皆様に感謝します。ありがとうございました。ちなみに4年目終わったこのタイミングで100話を迎えたのはまったくの偶然ですw。


だからというわけでもないのですが、4年目にリーグ、カップの2冠を達成し、ブラジルW杯も終わって、ストーリーとしては非常にキリがよく、上手にまとまったため、ここまでを第1部とさせていただき、物語に一旦区切りをつけたいと思います。

理由はいくつかあるのですが、最大の理由は4年目更新の途中で、
このままダラダラと引退まで描き続けるのは、どう考えても見てるほうも書くほうもだれてきてしまうんじゃないか?という疑問を感じたためです。当ブログはゲームの展開だけではなく、そこから勝手に作った架空のストーリーも物語の重要な部分を占めていますので、当然ストーリーの山場を作っていきたいのですが、僕はリーグ初優勝が最初の山場だと考えていました。それがうまくW杯と絡んで話がぐっと盛り上がったので、ここが一つの区切りになると思い決断しました。

また、ここまでゲームを進行させていくと、いろいろと情報量が増えてきて、文字ばっかりでかなり見づらいブログになってしまっています。なのでこの機会にブログのフォーマットなども見直したかったというのもあります。

いつも楽しみにしてくださっている方々には大変心苦しいのですが、しばらくお時間をいただいて、
また新鮮な気持ちで新たに第2部をスタートさせることで、見ている方も書く方もメリハリがつき、より完成度の高いブログを作っていけると考えていますのでどうかご了承いただければと思います。

そんなわけで、物語はここでいったん終了です。でも大丈夫。主人公のサッカー人生はここからが中盤戦。

まだまだ終わるつもりはありません。


第2部スタートまでまったりとお待ち頂ければ幸いです。
それでは主人公の管理人的4年目ベストショットをみなさんにご覧いただいてお別れしたいと思います。

100_04.jpg

明らかにフーリガンに銃口を向けられております。それでは失礼します♪
スポンサーサイト



[ 2011/02/28 ] tamuuuuud日記 | TB(0) | CM(61)

4年目が終了

W杯が終了し、これで今季の日程が全て終了した。

99_01.jpg

僕たちミラクルブルースの快挙は、
遠く日本のサポーターたちを熱狂の渦に舞い込んだ。

4年に一度のW杯は、やっぱりお祭りだった。クラブチームの試合では味わえない興奮や、感動があった。ブラジルに負けたのは悔しかったけれど、3位という成績に僕はとても満足している。

クラブでも、今年はヴォルフスブルク史上初の2冠、個人では7冠という快挙を達成した。今年はチャンピオンズリーグにも出場したり、試合数も多くていろいろ忙しかったけれど間違いなく僕にとって忘れられない飛躍の年になった。

4年目の成績

[所属チーム]
VfL_Wolfsburg_Logo.png
VfLヴォルフスブルク


BUNDESLIGA_logo.gif
ブンデスリーガ 優勝 28勝2敗4分

dfb.jpg
dfbポカール 優勝

CLlogo.jpg
UEFA チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦敗退

出場試合数 46
通算出場時間 4123
平均評価点 7.2
ゴール 36
アシスト 20
平均守備評価点 6.7


[ナショナルチーム]
janan.jpg
日本代表


copa-2014.jpg
2014FIFAワールドカップ ブラジル大会 3位

出場試合数 14
通算出場時間 1229
平均評価点 7.0
ゴール 10
アシスト 4
平均守備評価点 6.5


この頃の能力
2014.jpg

特殊能力
インサイドカッター/シザース系フェイント/PKキッカー/1vs1シュート



僕は今、ブラジルから日本に戻る飛行機の中にいる。

99_02.jpg

欧州のクラブに在籍する日本代表の選手でも、中にはブラジルからそのまま現地に飛ぶ人もいたけれど、ヴォルフスブルクの3人は、クラブから特別に、チームへの合流を遅らせてもいいとのお達しが出て、つかの間の休暇を与えられた。

僕は一度日本に戻って、これまでのことを一度ゆっくり振り返ってみようと思っている。ブラジルW杯までの4年間、僕はがむしゃらに突っ走ってきた。ヨーロッパや世界の高いレベルも肌で感じることが出来た。

しかしドイツでは2冠を達成したものの、インテルとのチャンピオンズリーグで、ビッククラブとの力の差を痛感した僕は、もっと高いレベルを求めて、他のクラブへの移籍も視野に入れている。だけど今、実はヴォルフスブルクから、契約更新の打診を受けている。
クラブに残るか、移籍するか。これからのサッカー人生で20代前半は大事な時期だと思うから、少し時間をかけてゆっくり考えてみようと思う。

ま、とりあえず日本に戻ったら家族と温泉にでも行こうかな。

~第1部 完~

2013-2014シーズン ゴールハイライト
音声が出ますのでボリュームに注意してください



3位決定戦でドイツに雪辱!ブラジルW杯が終了

98_01.jpg

準決勝でブラジル代表に敗れた僕たちは、3位決定戦に回ることになった。

反対側のブロック、同じく準決勝でイングランドに敗れた相手はなんと、グループGで初戦に当たったドイツ代表だった。

98_02.jpg

僕たちはここまでの長い道のりと、連続の激闘で、「ミラクルブルース」のイレブンたちは、肉体的にも精神的にもいっぱいいっぱいだった。それでも僕たちはW杯最後の戦い、このドイツ戦をなんとか勝利で終わろうと、自分たちを奮い立たせた。

コンディションの低下は相手も同じだった。ドイツ代表は、初戦のときのような動きのキレはなく、集中を欠いていた。それでも地力に勝る相手に僕たちは徐々にペースを奪われ始めた。

しかし、この男が、試合を決める一撃を放った!

98_03.jpg

頼れる日本の10番、シンジさんの芸術FKが炸裂!!

98_04.jpg

キター!シンジさん!!!さすがっ!

このあと僕たちはこの1点を必死で守った。後半何度も危ないシーンがあったが、今日、永嗣さんの代わりにGKを務めた西川さんを中心に、なんとかゴールを割らせなかった。

そして最後まで守りきった僕たちは、ドイツ代表に勝利し、グループリーグ初戦の借りを返した。そして今回のブラジルW杯、日本代表は歴史に残る戦いを何度も繰り広げ、見事に3位という快挙を達成した!!

98_06.jpg

98_05.jpg

ほんと、最後の最後はシンジさんが全部持っていった感じだったな。さすが10番。やっぱりあの人は持ってるな。

そして翌日、決勝戦が行われ、圧倒的有利と見られていた地元ブラジルに2-1で勝ったイングランドの優勝で今回のW杯は幕を閉じた。

大会MVP、得点王は通算5ゴールを挙げ、イングランドを48年ぶりの優勝に導いたルーニー。僕は大会通算4ゴール2アシスト。得点王にもアシスト王にもあと一歩届かなかったが、日本から3ゴールを挙げた大久保さんとともに、大会ベストイレブンに選ばれた。

W杯初出場で史上初の3位。今回のW杯は僕にとって忘れられない思い出の大会になった。

2014FIFAワールドカップ 決勝トーナメント ハイライト
音声が出ますのでボリュームに注意してください





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。