スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

初勝利へ!いけ!ブリストル!

開幕4連敗で早くも後がない最下位ブリストル。

なんとか勝利をたぐり寄せたい次節はコヴェントリーをホームに迎えた。

今日もエース、カールトン・コールは怪我で欠場。2トップはハムスンとオルダスのコンビで試合に臨んだ。

すると前半!

右SB、キャプテンのエル・ムバルキがサイドを駆け上がり、中央へグラウンダーのクロス!

250_01.jpg

これをなんとハムスンが後ろ向きのまま右足のヒールでゴールに流しこむというファンタスティックなゴール!!!!

250_02.jpg

250_03.jpg

250_04.jpg

一気に歓声に包まれるスタジアム!!
おお!あんなゴールできるのか!ハムスン!!
見事ブリストルは先制点を挙げることに成功した!

250_05.jpg

ホームのファンにサービスも忘れないとは!やるな、ハムスン!!

そのあと、そのまま前半を1-0で折り返すと、
後半、コヴェントリーの怒涛の攻撃を受け、ホームなのに防戦一方…。

それでも、途中、疲れの見えた先制ゴールのヒーロー、ハムスンと、右サイドの清水に替えてグティエレスとマカロンを投入。

250_06.jpg

さらにはオルダスに替えてストリーマーを投入し、ゴール前の守備を固めた!

250_07.jpg

まさに総力戦、前半挙げた虎の子の1点をなんとかみんなで守り切る!

そして、

250_08.jpg

ようやくホイッスル!ブリストルはなんとか1点を守りきって、ついにチャンピオンシップ初勝利を挙げた!!!
スポンサーサイト



初勝利はまだか…

開幕ホーム2連敗と、未だ初勝利が遠いブリストルユナイテッド。第3節はアウェイでリーズユナイテッドと対戦するも、敵地の雰囲気に飲まれ、0-4で敗戦…。

249_01.jpg

249_02.jpg


249_03.jpg

しかもエース、カールトン・コールが軽い打撲で全治2週間の怪我をおってしまう…。さらには守備の要ヤリッチまで…。

スタメンを2人欠いた続くホーム、サウザンプトン戦も、0-1で敗れ、開幕4連敗…。

249_04.jpg

249_05.jpg

249_06.jpg

249_07.jpg

249_08.jpg

なかなか結果が出ず、順位も当然最下位…。遠い初勝利…。1勝でも挙げられればチームも勢いが出るんだが…。何がダメなんだ…。


チャンピオンシップ初ゴール!そして初勝利なるか!?

クリスタルパレスをホームに迎えた第2節。
スタンドの観客はブリストルユナイテッドの初勝利を心待ちにしていた。

248_01.jpg

この試合、僕は前節の反省を生かし、トップ下のエトリを中盤の底に下げ、オルダスとコールに2トップを組ませる4-4-2のシステムで臨んだ。新加入のピアソンも左サイドで先発出場。

するとやはり、エトリのボールタッチが増えたおかげで、中盤から前線に良い攻撃を展開できるようになってきた。そして両サイドから相手ゴールに攻めこむ時間帯が増えてきた。

しかし!

248_02.jpg

248_03.jpg

パルミエーリが後方からの軽率なタックルで一発退場…。いい雰囲気のチームに水を差す…。若さが出たか…。バカヤロウ。あいつ三日間飯抜きだ!
これによって攻撃を一枚減らさざる負えない状況に…。オルダスには申し訳ないが前半で交代させ、DFを1枚増やした。


後半、1人少ないギャップをつかれ、攻め込まれる時間帯もあったが、55分!

248_04.jpg

CKから、カールトン・コールがヘッド一閃!!
ブリストルユナイテッドが待望の初ゴール!!!

248_05.jpg

ついにチャンピオンシップ初ゴール!頼れる男の高さの利が出た!

これであとはしっかり守って逃げ切りたかったが、終盤、1人少なく疲れが出たDF陣をあざ笑うかのように、クリスタルパレスのアタッカー、スキャンネルに同点ゴールを許してしまう…。

248_06.jpg

初勝利が遠のくブリストル。ここからもう一度攻撃を仕掛けようとするも、一人少ない状況、そして攻撃陣も疲れで体が前に動かない。それでもなんとか引き分けに持ち込もうと守りを固めるも、後半ロスタイム!

248_08.jpg

248_07.jpg

またしてもスキャンネルに中央を破られ逆転ゴールを許してしまった…!!
そしてホイッスル…。

248_09.jpg

結局リードを守り切ることができず、ホームで開幕2連敗…。初勝利がするりとこぼれ落ちてしまった…。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。