スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝負の2年目、骨太の改革へ

試練の2年目スタートがもう、目の前に迫っていた。
僕は日本に里帰りしたが、いても立ってもいられなくなり、結局1週間でブリストルの街に戻ってきた。


帰国中もチームのことが頭から離れなかった。
開幕から低迷し、結局ほぼ年間通して残留争いという、ふがいない結果に終わった1年目。
チームの会長であるじいさんは、1年目ではなかなか結果は出ないと励ましてくれたが、
半ば強引とはいえ、せっかく監督デビューの道を作ってくれたじいさんにも恩返しがしたかった。


じゃあこのチームを立て直すにはどうすればいいか。
シーズンが終了してから今までずっと、考えても考えても、結局最後は同じ結論にたどり着いた。


「改革…しかないな…。」



240_01.jpg「ん?何かおっしゃいましたか?」

来季の打ち合わせでたまたま監督室に来ていたジェルピンスキが振り返った。

260_01.jpg


「やっぱり、改革するなら今しかないと思うんです。余剰人員の整理とそれに伴う選手の補強と放出。1年間選手たちを見てきて、今のままでは今季を乗り切れない。」

240_01.jpg「そうですね…。分かりました。それでもきっと改革に乗り出せばいろいろ波風が立つと思いますが…。選手たちにも動揺が広がらなければいいのですが…。」

「それでもチームもためにやるしかありません。痛みなくして改革なしですよ。」

僕は何年か前に流行った、日本の政治家の言葉を口にした。その後日本経済はたいして良くなってないが…。

240_01.jpg「分かりました。やりましょう!私は監督の意見に従いますよ。まずはどこから手をつけましょう?」

勝負の2年目、こうして僕とジェルピンスキの
「ブリストルユナイテッド、骨太の改革」が始まった!
スポンサーサイト



1年目を終えて見えた課題。

最終節でなんとか残留を決め、チームはしばしの休暇に入った。

僕も、約一年ぶりに日本に帰ろうかと思っていたのだか、早速ジェルピンスキに呼び出された。

240_01.jpg「なに考えてるんですか!もう来シーズンの戦いは始まっているんです!早速今日はシーズンを振り返って反省会をやりますよ!」

え?ダメなの?ヽ(´o`;

僕たちはクラブのミーティングルームに集合し、今シーズンの反省会を行った。
240_01.jpg「やはりシーズンを通して、レベルの低さが目立ちましたね。特にDFの立て直しは急務でしょう。」

259_01.jpg


258_07.jpg

今季の僕たちは、50失点で、チャンピオンシップの中では18チーム中9位タイ。

239_03.jpg「それも大事だが、この得点力のなさは大問題じゃよ。なんとかならんのか!?」

対して得点は、25得点で、全18チーム中、ぶっちぎりの最下位だった…。

240_01.jpg「確かに。ただ、そんな中でもカールトンコールは良くやりました。怪我が目立ちましたが、チームの半分近くは彼の得点ですし、シーズン12得点はランキングでも3位タイの成績です。冬に移籍してきたエムボカニも、彼のサポート役として、セカンドトップに近い位置で中盤とのつなぎ役から得点まで、よく働いてくれたと思います。後半戦だけで7得点でしたからね。」

259_02.jpg

239_05.jpg「要は攻め方の問題でしょう。シーズン通して、攻めのバリエーションが少なすぎですよ。結局サイドから放り込んでFWに合わせるしかない。」

239_03.jpg「FWの二人は確かに良くやっとる。コールはチャンピオンシップの得点王も狙える位置にもいたくらいだからな。どうやら問題は中盤の方にありそうな気がするな。」

240_01.jpg「そうですね。開幕前に獲得したピアソンがうまくフィットしませんでした。
左サイドは冬にウィッティンガムが加入して、少し良くなりましたが、右サイドのシミズは、スピードはあるのですが、やはりまだトップチームでやれるほどのフィジカルがありませんね。
あれだけボールキープができないのは問題ですよ…。まだトップチームにあげるのは早かったかもしれませんね…。
それから…。」

そのあともやんややんやと会議は続いた。

うちのチームは問題山積み。次から次へとネガティブな話題ばかりが飛び交っている。
でもそんなチームを僕は大好きになっていた。

このチームはまだまだ発展途上、これからのチームだ。
早く来シーズンの戦いに挑戦したい。次こそはプレミア昇格を目指して、選手達だけでなく、コーチ、スタッフ一丸となって、ライバルたちに挑みたい。
会議の話題とは裏腹に、僕の気持ちは俄然、ポジティブになっていた。


BRISTOL UNITED F.C.
2011-2012 SEASON HILIGHT


音声が出ますのでボリュームに注意してください



1年目最終節!チャンピオンシップ残留をかけて

ついに迎えたチャンピオンシップ最終節。
16位の僕たちブリストルユナイテッドは、崖っぷちに立たされていた…。

257_09.jpg

最終節のレスター・シティ戦、
引き分けか負けでは僕達は1年で降格してしまう。
勝っても15位のダービー・カウンティが負けるか引き分け(の場合は2点差以上の勝利が条件)ないと残留はない。

258_01.jpg


僕たちは、満身創痍でレスターに乗り込んだ。
1年間、チャンピオンシップを戦って、僕も選手たちもボロボロ…。
それでもなんとか来年に繋げたい、残留したい一心で、みんなは前を向いた。

その気持ちがボールに乗り移ったのか、前半15分!!

258_03.jpg

右サイドからのクロスをカールトン・コールがシュート!
一旦はキーバーにはじかれるものの、
そのこぼれ球をエムボカニが押し込んだ!!

258_02.jpg

ブリストルユナイテッド先制!!!
残留をかけた最終節で大事な先制点をあげた!!

258_04.jpg

この一年、辛い戦いが続いた。慣れない土地で初の監督采配。
迷うこともたくさんあった。
そのたびに選手たちにも迷惑をかけた。みんなには本当に感謝だ。
そんな中、この大事な試合で先制点。もしかしたらみんなも僕といっしょに大きく成長していたのかもしれない…。

そのあと、ホームのレスター・シティの猛攻を受けるも、
みんななんとか虎の子の1点を守りきり、、、

258_05.jpg

258_06.jpg

ブリストルユナイテッド、最終節勝利!
そして、15位のダービー・カウンティが0-1で敗れたため、

ギリギリでチャンピオンシップ残留確定!!

258_07.jpg

なんとか…、なんとか僕たちはチャンピオンシップ残留を決めた。
ギリギリ、本当にギリギリだった…。

258_08.jpg

258_09.jpg

今日で、長かった1年間の激闘もしばらくお休み。
僕たちは、アウェイの地まで応援に駆けつけてくれたファンたちに
大きく手を振って感謝の意を示した。

残留という今季の目標をどうにか乗り越えたブリストルユナイテッド。
ロッカールームに戻って、まずは選手のみんなに、お疲れ様とねぎらおう。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。