スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イングランド中で話題に、今ブリストルの街が熱い!

268_01.jpg

チャンピオンシップも前半戦を終え、ブリストルユナイテッドは好調を維持していた。

どのチームもレベルが高く、アウェイではなかなか勝ち切れず、引き分けも多いが、ホームでは連戦連勝!
スタジアムに詰めかけるファンも、僕たちの勝利を楽しみにしている。

268_02.jpg

現在チーム順位はなんと3位まで上昇!

268_03.jpg

プレミア昇格だけでなく、優勝も狙える好位置だ。
(ブリストルシティはダービー後も調子を落とさず、なんと現在首位。)

後半戦は、隣のライバルと優勝争いがヒートアップしそうな予感…。

イングランドに今シーズン、ブリストル旋風が巻き起こりつつある。
スポンサーサイト



ダービーで成長を実感!

第10節は、今季最初のブリストルダービー。

267_01.jpg

現在調子が上向きのブリストルユナイテッドだが、ライバルのブリストルシティは今季絶好調!

ここまで6勝を挙げ、現在首位と同ptの2位につけている。
今日はホーム、ブリストルスタジアムでの一戦。ここでライバルを叩いて、逆にウチが勢いをつけようとダービーに意気込む選手たちに伝えた。

267_02.jpg

今季、ここまで試合を重ねて、チームの攻撃の形がだいぶ見えてきた。
右サイドはクロフトとクインの新加入コンビが、
左サイドはヨキッチがウィッティンガムとのコンビネーションで崩す形を作り、
ブリストルユナイテッドの攻撃の基本とするサイドアタックを両サイドから繰り返す。

267_03.jpg

中盤はエトリとドドが締め、FWのカールトン・コールとエムボカニが仕上げる。

ここまでは主に得点を挙げるコールが目立っているが、
エムボカニが前線に張るコールと、両サイドや中盤を繋ぐいい役割を献身的にこなしている。

267_04.jpg

しかし、この日はそのエムボカニが前半、値千金の先制ゴール!
好調のライバルとの試合を優位に進めることに成功する!

267_06.jpg

後半、シティに攻め込まれる場面もあったが、
ユース上がりでいきなり今季スタメンに抜擢されたGKファテチャを中心に、
CBのディアムティーヌが若いパルミエーリを鼓舞し、得点を割らせない!

267_08.jpg

結局試合は1-0で逃げ切り、ブリストルユナイテッドがホームでのダービーを制した!

267_05.jpg

新加入選手がフィットし、チームは大きく成長し始めた!

267_09.jpg



好調のチームに水を差すバッドニュース

ここまで好調でチャンピオンシップ6位につけるブリストルユナイテッド。

266_01.jpg

シーズン開幕前の不穏な空気も、新加入選手を中心に結果が出始めたことで、徐々に緩和されつつある。

しかし…、
それに水を差すバッドニュースが最近あとをたたない…。

266_02.jpg

240_01.jpg「監督!今度はシミズが練習中にやってしまいました…。」

266_03.jpg

この序盤でヤリッチ、イエリスクに続き、清水までもが怪我で3ヶ月の戦線離脱…。

特に清水は、クロフトに今季スタメンの座を奪われ、
焦りからか最近練習もオーバーワーク気味だったらしい…。

ただでさえ薄い選手層をさらに苦しめる相次ぐ戦線離脱。
今日こそはフィジカルコーチを呼び出して説教しようと思う。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。