スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年も大荒れの補強会議

新シーズンを目前に控え、移籍市場も動きが活発化してきた6月のある日、例年通りブリストルユナイテッドの首脳陣の間でも、補強の会議が持たれた。

昨シーズンの補強会議は、改革を目指した僕のせいで大荒れだったが、その結果、2シーズンでプレミア昇格を成し遂げることができた。
3年目となる新シーズン、スカウトのトミルグラードは当然補強ポイントとして話し合われるであろう、FW陣の新戦力についてすでに調査済みだった。

来季のスポンサーの話や選手の契約の話がひと通り終わると、彼はドヤ顔で僕に選手のリストを見せてきた。

scaut_1.jpg「今回の補強のポイントであるFW陣の選手について、私なりに調査した結果、この2選手は獲得できる可能性が高いです。」


275_01.jpg

scaut_1.jpg「一人目はカルー・ウチェ。ナイジェリア代表の選手です。30手前で即戦力となる、知名度も非常に高い選手です。エムボカニ、コールと共に、攻撃陣を引っ張ってくれる存在になるでしょう。」

tamuuuuud.jpg「…。」


275_02.jpg

scaut_1.jpg「もう一人はアルテム・クラヴェツ。ディナモキエフに所属する22歳です。彼は各世代の代表に選出され、2年前からはフル代表にも選出されています。ウクライナ代表のエースに育つ可能性を秘めた将来性豊かな選手です。」

tamuuuuud.jpg(…、選手は悪くない。悪くないが、何だろう、このモヤモヤ感。)

scaut_1.jpg「いかがです?監督。なんならまた2人とも獲っちゃいましょうか?ハハハ!」

なんだこいつは…、これで自分の仕事は終わったと思ってるんだろうか…。まず何よりなんだこのドヤ顔は…。確かに選手は悪くない。ただどうしてもこのやってやったぞって顔してる、目の前のスカウトが気に食わない…。

tamuuuuud.jpg「分かりました。他のポジションの選手はどうですか?」

scaut_1.jpg「…、は?」

tamuuuuud.jpg「いや、だから他の選手…。リストを早く出してください。」

scaut_1.jpg「…、いや、ちょっと…、あ、ありません…。((((;゚Д゚)))))))」

tamuuuuud.jpg「…、え?」

scaut_1.jpg「い、いや、確か今回の補強はFWだとジェルピンスキさんからも聞いてましたし…。ち、中盤や最終ラインも昨年の補強が結果に結びついてますから、今回補強の必要はないものかと…。((((;゚Д゚)))))))」

tamuuuuud.jpg「ぐっ…、ばっ…」

239_03.jpg「ばかもーーーん!」

僕が大声をあげる前に、部屋に響いたのは会長の怒号だった。

239_03.jpg「ばかたれが!FWの選手しかピックアップしてないとはどういうことだ!今の戦力がプレミアで通用すると思ってるのか!今シーズンは全ての対戦相手が格上だぞ!いつまでも昇格に浮かれてないで、もう一度全てのポジションの選手を洗いなおしてこーい!!」

scaut_1.jpg「ひっ、ひーぃ!すいませんー!!」

…。

選手の補強の前に、スタッフの補強の方が先かもしれない…。
僕は本気でそう思った…。
スポンサーサイト



地元のTV局からビデオが届いた

ピーンポーン
「お届け物でーす!」

シーズンが終了し、つかの間のオフ。
僕は部屋でくつろいでいると、突然宅急便が届いた。

それは地元ブリストルのローカル局が制作している
ブリストルユナイテッドTVという番組から届いた
今シーズンのハイライトムービーだった。



さすがクラブに密着してるだけあって、よく撮ってるなー。
監督室まで。。。
これを見て来シーズンの計画を立てよう。


奇跡の夜が明け

ブリストルの両雄がプレミア昇格を決めた歴史的な夜が明け、クラブハウスにはメディアが殺到した。
しばらくして僕は、チャンピオンシップ昇格からたった2年でプレミアへの切符を手に入れた新人監督としてメディアに取り上げられるようになった。

「―プレミアで初の日本人監督が誕生!」
「―たった29得点でプレミア昇格!鉄壁のDFを育て上げた手腕を直撃!」
「―滑り込みで手に入れたプレミアの切符!昨年の残留争いから一転、チームの変革のヒミツとは?」


274_02.jpg

240_01.jpg今日もメディアが騒がしいですね…。でも注目されることはいいことですよ。
来年のスポンサーのオファーも会長のもとに続々と届いているようです。

僕は、ジェルピンスキと来季の計画について話し始めていた。

274_01.jpg

274_03.jpg

240_01.jpg今季のDFには文句なしですね。リーグ戦通算20失点は歴史的です。今季獲得した選手がしっかり結果を出してくれました。
ライバルのシティに優勝を譲ったのは悔しいですが、総合力は向こうのほうが上ですからね。直接対決では勝っていますし、来年は舞台をプレミアに移してのダービーが楽しみですね。

273_17.jpg

今季獲得したディアムティーヌ、ヨキッチ、クインの3選手が、きっちり自分たちの役割をこなし、さらに下部組織から昇格させたファテチャも含めて、ゴール前で鉄壁のディフェンスを構築した。

240_01.jpg問題は攻撃陣ですね…。29得点はあまりに物足りない数字です…。コールもエムボカニもよく頑張りましたが、来季は爆発力のあるFWの獲得を目指したいところですね。

そして、来季の補強ポイント、戦術の見直しなどの話し合いを行い、来季に向けての準備を更に進めていった。

来年は初のプレミア挑戦。厳しい戦いは避けられないが、世界トップクラスのリーグで僕たちブリストルがどこまでできるか、とても楽しみだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。