スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

首位決戦、最後の壁

バイエルンとの直接対決を翌週に迎えた第28節。先週のdfbポカールのPK戦での敗戦からうまく切り替えることが出来ず、僕たちは1fcケルンに2-2で引き分けてしまい、またバイエルンに首位の座を明け渡してしまった。

そして翌週のバイエルン戦、ここで勝てばそのままいっきに優勝に向けて突っ走れる。僕たちはバイエルンの本拠地、真っ赤なチームカラーに染まったドイツのサッカースタジアムの代表ともいえるアリアンツアレナに乗り込んだ。

sallianzarena.jpg

057_01.jpg

バイエルンは前回の対戦よりさらにチームとして厚みを増しているような印象で、僕はなかなか前を向かせてもらえない。だけどヴォルフスブルクだって08-09シーズン以来の優勝争い。負けるわけにはいかない。

前半、前線のプレッシャーから相手のミスを誘い、僕はチャンスをしっかりものにしてアウェイで先取点をもぎ取った!

057_02.jpg

後半に入り、なんとか1点を死守しようと世界最強の攻撃陣相手に僕たちは必死に守った。でもロッベン、リベリにサイドを崩され、中央ではイブラヒモビッチ、メッシの個人技に翻弄され後半60分にまさかのオウンゴールを許してしまった…。

057_03.jpg

同点とされたあと、一度守りに入った意識は簡単に変えることが出来ず、さらに攻めるのか?守るのか?チーム全員の意思の統一もバラバラになってしまい、中盤でフリーにしてしまったリベリに強烈なミドルシュートを決められ1-2と逆転された。

057_04.jpg

ここで負ければ優勝からまた一歩遠のく。攻めるしかなくなった僕たちはパワープレイでバイエルン陣内にロングボールを蹴り込み、なんとかゴール前で勝負しようと試みた。可能性は低いけれど、今の僕たちにできることはもうこれしかなかった。

すると後半ロスタイム、オフェルノ-ルさんが意地の同点弾を叩き込んだ!

057_05.jpg

結局2-2のドローで試合終了。
アウェイで引き分けならよしとすべきか?でも内容では完全に負けていた。
勝ち点差1のまま変わらず、リーグは残り5試合。


コメント
相変わらず化物チームですねw
しかも昨年と同じメンバーは移籍してないようだし、どうしてだろう?
リアリティに沿って資金豊富なチーム(チェルシー・インテル)はすごい選手ばかり集まってますね。バルサは資金難だから厳しんでしょうか?よくわからないですねww
[ 2011/01/08 00:19 ]
>RONAさん

まぁ、負けなかっただけよしとします。でも向こうが負けないんですよね。w
[ 2011/01/08 14:31 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。