スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プレミアリーグデビュー

マンチェスターシティとの開幕戦、僕はいきなりスタメンに抜擢された。

背番号は13番。プレシーズンマッチの時と同様、僕は2トップの下がり目の位置でプレーした。

はっきりいって試合のことはなにも覚えていない。緊張で体が全く動かなかった。監督の指示も全く頭に入っていなかった。(というか早口の英語が全く聞き取れなかった…。)

気がついたら選手交代のボードに13の文字…。あっというまに終わってしまった…。しかもイエローカードのおまけつき…。

6_01.jpg

僕は痙攣した足を引きずり、ロッカールームに引き上げた。すると試合終了後、ソル・キャンベルキャプテンが話しかけてきた。

6_02.jpg

英語を覚えたての僕はすべて聞き取れなかったが、

「お前はまだチームに入ったばっかりで、まだまだ俺たちのことを知らないし、俺たちもお前のことをよく知らない。もっとコミュニケーションをとってお互い理解し合おう。
みたいなことを言われた気がする。

僕はおどおどしながら「オ、オーケー。」と言った。

すると彼は笑顔でシャワールームに去っていった。

なっ、なんていい人なんだ。
よーし!今日はなにも出来なかったけど、来週はがんばるぞ!




コメント
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。