スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

開幕まであと1週間!準備は整った!

240_01.jpg「監督、シミズの就労ビザが特例で認められました。一体どんなマジックを使ったんです?」

ユースチームの練習を見た翌週、ジェルピンスキが、かなり驚いた様子で監督室に入ってきた。

どうやら、じいさんがうまくやってくれたようだ。( ̄ー ̄)ニヤリ


フットボールリーグチャンピオンシップ開幕まであと1週間となり、クラブも活気に満ち溢れていた。

240_01.jpg「パルミエーリとシミズは今日の練習からトップチームに合流します。それから、カールトンコールの入団会見も今日予定してますので、よろしくお願いします。」

昨日、ウェストハムからカールトンコールの移籍承諾の連絡が入った。
契約は一年だが、レンタルではなく、完全移籍で獲得が決まった。

そして午後、僕は彼を連れ、記者会見に臨んだ。

245_01.jpg

彼にはぜひ、このチームを引っ張っていって欲しい。

そしていよいよ、来週はフットボールリーグチャンピオンシップ開幕だ!
開幕戦の相手は、ブライトン&ホーブアルビオン。今季、我がブリストルユナイテッドと同様、チャンピオンシップに昇格したチームだ。

245_02.jpg

新戦力も無事迎えられ、いよいよ戦いに挑むブリストルユナイテッド。まずは開幕戦勝利を目指し、一歩ずつ、進んでいこう!


ついにチャンピオンシップ開幕!注目の初戦!

ついに迎えたフットボールリーグチャンピオンシップ初戦。
会場は我がブリストルユナイテッドのホーム、ブリストルスタジアムだ。

246_01.jpg

ブリストル市が、チャンピオンシップ昇格に伴って、僕たちに提供してくれた収容人員1万5000人の小さな市営スタジアム。
会場の施設も、ピッチの状態もお世辞にもいいとは言えないが、今日からここが僕たちのホームグラウンドだ。

246_02.jpg

ピッチに現れた選手たちも、そして僕も、初戦ホームで迎えるプレッシャーで一様に顔がこわばっていた…。

246_03.jpg

今日のブリストルユナイテッドは、1トップに新加入のカールトンコール、トップ下にチームの攻撃の鍵を握るエトリを置いた、4-5-1のシステム。
ユースから昇格させたパルミエーリも清水も、スタメンで起用し、現時点でのベストメンバーを組んだ。

246_04.jpg


が、しかし…。

前半35分、DFを崩され、あっさりと先制点を許してしまう…。

246_05.jpg

同じ昇格組のブライトン相手に、全く主導権を握れず、中盤でボールが収まらない。前線でカールトンコールが孤立する場面が多く見られ、エトリにもいいボールが入る場面も少ない…。まずいな…。

しかし、そんな心配の中、後半75分、CKから万事休すの2点目を叩き込まれてしまう!

246_06.jpg

結局そのあとも、相手ゴールを脅かすことなく、0-2で開幕戦を落としてしまった…。

246_07.jpg

記念すべき公式戦初采配は、なんとも苦い結果となってしまった…。


移籍市場閉鎖直前、ブリストルに朗報!新たな戦力

開幕戦を落とし、ホームでの初陣を飾れなかったブリストルユナイテッドに朗報が飛び込んできた。

240_01.jpg「監督、たった今ダービーカウンティから連絡がありまして、スティーブン・ピアソンへのオファーを受けてくれるそうです!」

移籍市場も閉鎖目前となった8月の最終週だった。
開幕前に実はもう一人、オファーを出していた選手がいた。

247_01.jpg

左サイドを得意とするMF、スティーブン・ピアソン。スコットランド代表経験もあるこの選手が、所属するダービーカウンティでは、出場機会に恵まれず、移籍リストに乗っていたところに目をつけた。

247_02.jpg

これで右サイドの清水同様、左サイドにも、頼れる選手が一人増えることになった。

そして僕たちは、チャンピオンシップ第2節、初勝利を目指し、クリスタルパレスをホームに迎えた!

247_03.jpg







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。