スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨太の改革も終了で、勝負の2年目へ

240_01.jpg「監督、ディアムティーヌとヨキッチの入団会見、本日の予定です。
いつもどおり同席していただきますのでよろしくお願いします。」

263_01.jpg

あの補強会議から一週間、ブリストルユナイテッドは、予定通りフリートランスファーでDFを2選手獲得した。

240_01.jpg「クインの移籍に関しても、本日中には無事まとまる予定です。」

262_06.jpg

さらに僕はじいさんを説得し、カーディフとの契約が残るクインも移籍金40万ポンドで獲得に成功した。

240_01.jpg「先週の補強会議ではどうなるかと思いましたが、会長にも納得していただいて良かったですね。
それから、監督が獲得を切望したダービーカウンティのリー・クロフトですが、スカウトのドミルグラートが、今先方の代理人と交渉を行っています。彼はクラブとの契約更新拒否を明言してますので、他にオファーがなければ獲得できる可能性は非常に高いと思います。」

262_02.jpg

僕は先週の補強会議で、DFだけでなく攻撃陣の獲得も熱望した。スタッフからはクラブの財政を理由に猛反対されたが、なんとかじいさんからは、フリートランスファーで移籍できる選手に限定するという制限付きで獲得の許可をもらった。
それで獲得候補の一番手にあがったのが、26歳のイングランド人MFである。

240_01.jpg「獲得できれば右サイドのシミズの負担は相当軽減されると思います。彼はまだまだ若いですから、クロフトのプレーがお手本になるといいですね。」

これで攻撃陣の補強にもなんとかめどが立った。

240_01.jpg「しかし、会議で監督がGKまで獲得すると言い始めた時は本当にどうなるかと思いましたよ。」

さらに僕はスタッフたちの怒りに油を注ぐように、GKの獲得まで言及した。当然、賛成するスタッフは一人もおらず、トミルグラートに至っては会議室を出て行く始末…。じいさんにもさすがに反対された。それでも僕は獲得の必要性を粘り強く説明し、なんとかユースからGKでは一番の有望株である、ファテチャをトップチームに昇格させる方向でその場は収まった。

262_04.jpg

240_01.jpg「ようやくこれで、改革はひと段落というところでしょうか?移籍話がうまくまとまるといいですが。しかし、もしこれで今シーズン好成績が収められなければ、監督の立場はさすがに危うくなりますよ。」

どうやら会議での不穏な空気を彼も感じ取っているようだった。今回の改革に反対するスタッフが多かったのも事実。これはシーズンの結果で返すしかない。

2年目のシーズンが、もう1週間後に迫っていた。


2年目のシーズン開幕、注目の開幕戦

二年目のシーズンがいよいよ開幕した。僕たちブリストルユナイテッドは、ミドルズブラとの大事なチャンピオンシップ初戦に挑んだ。

開幕前の大型(と言うにはちょっと大げさか?)補強の最後のピースとなった、DFのクインとMFのクロフトも、無事契約がまとまり、開幕直前にチームに合流した。

ただ、移籍リストに挙げていた7選手は、結局買い手がつかず、残念ながら放出した。またスタッフから抗議が殺到した。僕もとても残念だったが、背に腹は変えられなかった。

僕は、試合前のロッカールームで、試合に挑むスタメンを発表した。

264_01.jpg

そして、キャプテンマークを今期から9番を背負う、カールトン・コールに手渡した。
彼にはエースとしての働きに加え、加入2年目は、キャプテンとしてもチームを引っ張っていって欲しかった。

264_02.jpg

試合は新加入のヨキッチ、クインの両サイドバックが再三効果的な上がりを見せ、さらに清水に代わって右サイドに入ったクロフトが、エトリと共に試合を上手くコントロールした。

すると35分にクロフトからカールトン・コールに絶妙なスルーパスが通り
それをコールがフリーで受けると正確にゴール左隅へ!

264_03.jpg

264_04.jpg

264_05.jpg

ブリストルは待望の先制点を挙げる!
さらに後半73分には左サイドのウィッティンガムのクロスにクロフトが合わせて追加点!!

264_06.jpg

264_07.jpg

期待を込めて、今シーズンから空き番号となった
10番を与えた新加入選手が、それに応える大活躍!!
シーズン開幕戦でいきなりの1ゴール1アシストを記録する!

試合終了間際、FKでミドルズブラに1点を返されたものの、
ブリストルは2-1で開幕戦を勝利した!!

264_09.jpg


264_08.jpg


骨太の改革の結果が少しずつ…

開幕戦を制したブリストルユナイテッド。
だが2戦目はアウェイでブライトンホーブに0-2で敗れ、連勝スタートとはいかなかったが、
第3節のホーム開幕戦、
プレミアからの降格組のノリッチ戦は
カールトン・コールのゴールで1-0の勝利!

265_01.jpg

265_02.jpg

その後も、勝ちきれない試合もあるものの、昨シーズンよりも確実に決定的なシーンが増えた。

ここまで6試合を終え、3勝2敗1分。ブリストルは今シーズン、少しずつ波に乗りつつある。

265_03.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。