スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アジアカップが開幕

30_01.jpg

僕は既にカタールで合宿中の日本代表に合流した。そしてさっそくチームドクターの診断を受けた。

監督とも相談し、残念ながら開幕戦は欠場することになった。練習もみんなとは離れて別メニュー調整。

僕たちはオマーン、クウェート、シリアと同組のグループCに入った。大事な初戦の相手はクウェート。当然僕たちの目標は優勝だ。しかし日本は決め手を欠き、最後まで得点を奪えず、0-0で引き分けてしまった。

ぼくはそれをベンチで歯がゆい思いで見ていた。足のケガさえなければ、僕も試合に出れるのに。


公式戦代表初cap

アジアカップの初戦、日本はいきなりクウェートに0-0で引き分けてしまった。第2戦はオマーン。ここで勝たないと予選突破は困難に追い込まれる。

でも、僕はこの日も足の状態が完全ではなくベンチスタート。

それでも日本は前半の30分、本田さんのFKが炸裂!!

31_01.jpg

まるで南アフリカW杯の時のような強烈な無回転FKが決まった!!

31_02.jpg

しかしそのあとは日本ペースとは言いがたく、オマーンに攻め込まれるシーンも多かった。そして後半、僕はザッケロー二監督に呼ばれ、65分に途中交代することになった。

正直驚いた。足に不安はあったが監督はこの状態を、僕というオプションを使って打開したかったようだ。ついに僕は代表公式戦初capを飾った。

プレミア最終節、リバプール戦以来の試合。もちろん僕のモチベーションは最高に高まっていた。そしてそれは結果に結びついた!

[広告] VPS


代表公式戦初ゴーーーーール!!!

キーパーと激突して足またやっちゃったかと思いました。

そのあと日本は矢野さんがもう一点追加し終わってみれば3-0で圧勝。予選突破へなんとか勝ち点3をもぎとった。


アジアカップ初スタメン

予選グループ最終節、シリアとの試合で僕はアジアカップ初スタメンを果たした。足のけがが完治した訳ではないが途中出場したオマーン戦の動きから、チームドクターも僕の出場にOKを出した。

32_01.jpg


僕は4-3-3の左STとして出場した。ケガの欠場でかえって体を休めることが出来たためプレミアの連戦の疲れもとれ、足の痛みはなく、モチベーションも上がっている。

そして僕はチームの全得点にからむ3アシストを記録し3-1で勝利。2年連続プレミアアシスト王の実力を見せつけ、日本の予選突破に大きく貢献した。

32_02.jpg

32_03.jpg

32_04.jpg

これで予選は2勝1分。首位で予選グループを通過した。

32_05.jpg





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。